初めて受診される方|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

初めて受診される方

現在地: ホーム  >  外来のご案内  >  初めて受診される方

初めて受診される方

はじめに

  • 診療科によっては、予約制や手術日などの都合により、来院されても受診できない場合がありますので、事前に「受付時間・外来担当医師表」かつ「休診・代診表」をお確かめのうえ、ご来院ください。また不明な点がありましたら098-884-5111までお電話下さい。
  • 当院では他の医療機関からの紹介状をお持ちでなく、受診された際(初診時)には初診料とは別に初診時選定療養費のお支払が必要となります。また、初診時選定療養費の支払いを同意をなさっても、予約や紹介状を必要とする診療科は受診できかねます。ご了承ください。
    初診時選定療養費 3,240円(消費税含む)  初診時選定療養費について
  • どの診療科に受診したらいいか分からない場合は、診療科ガイドの利用、もしくは総合案内の看護師にご相談ください。

「那覇市立病院」の役割は?

主に、医院・診療所や他の病院から紹介のある患者さん、緊急に治療が必要な患者さん、入院が必要な患者さんを対象とした、高度で専門的な医療を提供いたします。地域医療全体のレベルアップをすることに重点を置き、他の医療機関(かかりつけ医・かかりつけ歯科医)から紹介された患者さんに対する医療の提供、施設・設備の共同利用および医療従事者の研修など地域医療の充実と、他の医療機関との適切な役割分担と連携を図る病院です。


tiikiiryou-main.jpg

 

 

外来受診の流れ

外来受診の流れ(MAP) 初診の手続きは、②初診窓口地図参照)にて受け付けております。
健康保健証診療申込書(必要事項を記載の上)と、お持ちであれば医師の紹介状を窓口に提出してください。
受付

○受付が終了しましら、診察券受付票をお渡しいたします。診察券受付票は、受診される診療科窓口に提出してください。
shinsatu_ken.jpg
 

診療科
○診療科窓口に診察券受付票を提出してください。受付票は職員が確認しましたらお返しいたします。
問診表をお渡しいたします。記入しましたら診療科窓口に提出てください。
診療科イメージ
image07.jpg

受付票の番号がモニター画面に表示されましたら中待合室にお入りください。まもなく診察の順番です。  ※診療内容・緊急処置等により診察の順番や時刻が変わることがあります。ご了承ください。

○診察が終わりましたら、「外来基本スケジュール」「診察券」をファイルに入れてお渡しいたします。「外来基本スケジュール」に記載されている順番で検査・診察を受けてください。

 

検査を受ける方
○窓口にファイル一式(「診察券」「外来基本スケジュール」)を提出してください。検査がおわりましたら、ファイル一式をお渡しいたします。

すべての診察・検査が終了しましたら
○すべての診察が終わりましたら、ファイル「外来基本スケジュール」計算コーナー地図参照)へ提出してください。「診察券」「院外処方箋」はそのままお持ちください。

     

④診療費精算機コーナー地図参照)のモニター画面に受付票の番号が表示されましたら、精算機にてお支払いをお願いします。
精算機

お薬の受け取り
【院外処方箋の方】
ご希望の薬局(院外)でお受け取りになれます。処方箋を薬局に提出してください。
⑤院外処方箋FAXコーナー地図参照)にて、あらかじめご希望の調剤薬局に処方箋をFAX送信することにより、薬局で早くお薬を受け取ることができます。
お薬の受け取り

【院内処方箋の方】
⑥薬局地図参照)にてお受け取りになれます。診療費の領収書に、お薬の受取番号が記載された「お薬引換券」が付属していますので、薬局窓口近くのモニター画面に番号が表示されましたら、窓口で「お薬引換券」と引き換えにお薬を受け取りください。
薬局

外来患者さんの駐車料金は無料です。
会計窓口に診療領収書と駐車券をご提示ください。
駐車券

初診時選定療養費の導入について(平成18年4月1日より)

他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちでない初診の患者さんには初診料とは別に次の金額をご負担いただきます。

初診時選定療養費 3,240円(消費税を含む)

※ただし、下記の場合は、負担していただく必要はありません。

  1. 1.他の医療機関などからの紹介状をお持ちいただいた方
  2. 2.緊急な診療を必要とされる方
      救急車で来院された方
      時間外、夜間、休日に急病センターに来院された方
  3. 3.国の公的医療制度の受給対象の方(更生医療、育成医療、生活保護等)
      ※那覇市重度心身障害者医療費助成、乳児の医療費助成等は対象外

「初診時選定療養費」とは?

 体の具合が悪くなった時、「総合病院で検査・診察してもらったほうが安心」ということで、すぐに200床以上の総合病院を受診する患者さんが少なくありません。そのため、総合病院に患者さんが集中し、本当に緊急性のある患者さんの診療に差し障りが出ています。このような「総合病院」への集中を緩和し、初期の医療は地域の医院・診療所(かかりつけ医)が、高度・専門的な医療は総合病院がそれぞれの役割を分担して、効率的に医療を提供するために厚生労働省が定めた制度に基づき実施するものです。

「初診」とは?

  1. 1.初めて受診した場合
  2. 2.治療終了後、再び受診した場合
  3. 3.治療途中で任意に診療を中止し、一定期間が経過した後、再び受診した場合
  4. 4.歯科継続受診者が他の医科を初めて受診した場合、またはその逆

※ 基本的には、診療報酬上「初診料」が算定されます。