お知らせ|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院

【重要】麻しん(はしか)の発生について

現在地: ホーム  >  お知らせ  >  患者さんへ  >  【重要】麻しん(はしか)の発生について

【重要】麻しん(はしか)の発生について

(2018年4月 5日 09:00)

那覇市立病院に来院される方にお知らせいたします。
沖縄県では、平成30年3月23日に麻しん患者が発生して以降、4月3日までに、初発例を含めて18例の麻しん患者が確認されました。
麻しんは、感染力が非常に強く、小児が感染すると肺炎、中耳炎、脳炎などの合併症を起こすことがある感染症です。

つきましては、那覇市立病院にお越しになる際は、マスクの着用をお願いいたします。
また、発熱や発疹の症状がでている方は、玄関付近にいる守衛にお声かけください。ただちに看護師が対応いたします。


このたびの措置は、当面のあいだ継続いたします。

麻しんの流行を防ぐためにも、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

病院長
 



参考ホームページ 県沖縄県保健医療部地域保健課HP 「麻しん(はしか)患者の発生について」