医療安全管理室|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

医療安全管理室

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  各部紹介  >  医療安全管理室

医療安全管理室

特色

医療安全管理室01 医療安全管理室とは「医療の安全を守る」部署になります。病院を利用される患者さんの安全を守るのは勿論のこと、病院スタッフの安全を守る役割も担っております。当部署の理念として「事故の発生しにくいシステムの構築。患者さんと医療従事者がお互いの信頼関係を保ち、協力して医療をおこなっていく」を掲げています。

目標として①インフォームドコンセントの充実により患者さんとの信頼関係の構築。②事故を未然に防ぐための取組強化。③起きた事柄を分析し対策を練り、関係部署へフィードバックし評価をするの3点をあげています。

また、利用者からご意見やご不満等があった際に、総合窓口となり相談をお受けしています。


業務内容

理念で示しているように、事故の発生しにくいシステムを構築するため当部署では「医療の質・安全システムソフト」を導入しており、各部署から寄せられた情報を収集し、その事例を分析するため、医療安全対策サポートチームを結成しています。そこで現場に活用できる対策を立て、事故を未然に防ぐ体制を整えるよう努めています。また医療従事者向けに、県内・県外の講師を招いて研修会や講演会を主催し、医療安全の意識向上を図ると同時に知識のスキルアップを目指しています。

ご意見・ご不満等の相談窓口業務以外に、院内6カ所に設置されている「ふれあいポスト」に投函された利用者向けのアンケート・ご意見用紙の回収があり、那覇市立病院にとって貴重なご意見や改善すべきところが寄せられています。

以上のように医療安全管理室の業務は多岐に渡っており、今後はより重要な部署になると考えています。質の高い医療サービスが提供できるよう、ご利用いただいた方々が安心して医療が受けられる環境作りを目指してまいります。

医療安全管理室02

院内安全パトロール風景

医療安全管理室03

安全対策サポートチームでの分析風景

医療安全管理室04

院内ラウンド実施