検査室|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

検査室

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  各部紹介  >  検査室

検査室

特徴

検査室 検査室の業務は多種多様の検査が存在し、精度の高い検査結果を迅速正確に提供し、診療を支援しています。また、地域医療支援の一翼を担う組織として、皆さまの健康増進に有為となる、良質で高度な医療を効率的に提供する使命も担っております。
私たちの行う検査は、半分が患者さんに接する業務(採血・生理検査)で、検査を安心してお受けいただくため、常に深く、こころの通った接遇とマナーを実践できる人材育成の目標があります。日々健全な運営のもと、進化する医療の専門的な技術レベルの維持・向上に努め、安全で信頼できる医療を提供します。検査技術の向上はもとより高度な知識が要求されるため、学術面においても学会や講演会、研修会等に積極的に参加および企画し、知識や技術の修得に取り組んでいます。
検査室の理念は、1.迅速かつ正確な検査データの提供、2.検査業務の安全性の向上、3.健全な検査室運営、4.自己研鑽の4つに基づいており、当院の和と奉仕の理念のもと、「患者中心の医療」ができるよう検査室職員一丸となって邁進しております。

業務内容

検査室は、大きく生理検査部門と検体検査部門の二つに分かれています。生理検査部門は患者さんに直接ふれる検査で、心電図・超音波・呼吸機能・脳波などの検査が含まれます。検体検査部門は患者さんから採取された検体(血液・尿・体腔液・細胞など)を扱う検査で、生化学・免疫・輸血・血液・一般・細菌・病理細胞などの検査が含まれます。業務においては、常に精度の高い検査結果を迅速に報告することを目標としています。

検査室スタッフ

医師 2名
臨床検査技師 34名 (常勤26名、非常勤8名)

●専門技師(認定資格)●
   細胞検査士(日本臨床細胞学会)4名、超音波検査士(日本超音波医学会)10名、
 糖尿病療養指導士(日本糖尿病療養指導士認定機構)2名、認定臨床微生物検査技師(日本臨床微生物学会)1名、
 感染制御認定臨床微生物検査技師(日本臨床微生物学会)1名、2級臨床検査士・微生物(日本臨床検査医学会)2名

看護師 1名
視能訓練士 2名
視能検査士 1名
事務員 2名

検査室受付のご案内

受付時間(採血・検体検査・生理検査)
<平日>
 8:00~17:15 (17:15以降は救急対応となります)
   ※ ホルター心電図の返却は、通常の時間内のみでなく土日祝祭日および時間外も受付けています。
<土日祝祭日>
 24時間救急対応となります。

検査室(採血・検体検査・生理検査)の受付は1階です。

  受付窓口

採血受付

(24番)採血受付

検体検査受付

(25番)検体検査受付

整理検査受付

(26番)生理検査受付

地図

検査の流れ

検査06 各検査を受ける場合は、右図に記す手順で各科外来または病棟にて、医師の診察を受け、医師の依頼により、検査室の各検査を受けることが出来ます。 検査結果は当日もしくは再診日までに医師に報告されます。

※検査結果は医師がお答えするもので、検査室の職員が検査結果を答えることは出来ません。また、検査の追加や削除などの依頼も、医師を通して行われます。

検査一覧

検査07

【生化学・免疫血清検査】

①生化学検査とは、主に血液中に含まれる化学的な物質を測定することで健康状態を把握する検査です。薬品により発色させ、その色調の変化を測定します。代表的な検査では、糖尿病の指標として血糖(グルコース)やヘモグロビンA1c、肝機能の指標としてAST(GOT)やALT(GPT)、腎機能としてクレアチニンやBUNなどがあります。短時間で数多くの検体を測定するため、検査のほとんどを自動分析装置で行っており、正確な検査を行うための日頃の分析装置のメンテナスが欠かせません。また、現在は外来の検査のほとんどが診察前検査となっており、病棟も含め迅速な検査が要求されます。
②免疫血清学検査は、主に血中に含まれるウイルスや体内で微量に産生される物質を測定することで健康状態を把握する検査です。抗原抗体反応といった免疫学的な手法を用いて測定します。代表的な検査では、感染症(ウイルス性肝炎)の指標としてHBs抗原(B型肝炎)やHCV抗体(C型肝炎)、腫瘍関連の指標(腫瘍マーカー)としてCEAやPSA、甲状腺関連TSHやF-T4などがあります。検査のほとんどを自動分析装置で行っており、正確な検査を行うための日頃の分析装置のメンテナンスが欠かせません。また、微量に存在する物質を測定するため、検体の取り扱いには慎重さが要求されます。インフルエンザのような鼻の奥の粘膜を綿棒で拭った検体も免疫血清学検査に含まれており、それらは簡易キットを用いて検査します。

【血液検査】

血液検査は、白血球や赤血球などの数を示す血算や、形態を確認する血液像を行い、また、凝固や線溶系を調べる凝固検査も行っています。血液のほかに、体腔液の数や分類も機器で行い、その後、目視を実施しています。また、骨髄検査という特殊検査も行っています。
血液検査は、身体の状態を把握しやすい指標です。これからも迅速、かつ、よりよい検査の提供に貢献していきます

【輸血】

当院の輸血検査室は、24時間安心安全な輸血を行えるよう血液型検査、交差適合試験、不規則抗体スクリーニング、同定検査を行っています。また、輸血管理科Ⅱを取得し、善意によって献血された血液製剤の適正使用に取り組んでいます。

【一般検査】

一般検査は、尿(定性・沈渣・感染症抗体検査・妊娠反応)、便(潜血・寄生虫や原虫検査・感染症抗体検査)、髄液、胸・腹水、精液の検査を行っています。
便および精液検査は、夜間、休・祝祭日には対応していません。尿定性検査は、採尿後1時間を経過すると、検査結果が正確に出ない項目があるので、採尿後は1時間以内に提出して下さい

【病理・細胞診検査】

病理・細胞診検査は、組織や細胞を採取して、顕微鏡にて病変を調べる検査です。身体全体が対象となり、組織診に関ては、病理医が診断を行い、いわゆる疾患の最終診断になります。病理検査の近年の動向としては、診断から治療の分野まで進出する方向にあります。 細胞診は各臨床側からの要望に応え、ベットサイド細胞診を実施しており、診療の最前線で貢献しています解剖による検査もこの分野で、病因の解明など臨床側への支持を行っています。

【細菌検査】

細菌検査は、喀痰や尿など各種臨床材料を対象に、顕微鏡検査、培養検査、薬剤感受性検査を実施し、感染症の原因となる菌を特定し、その菌に効果がある抗菌薬を調べる検査を行っています。また、病院全体の感染対策(院内感染対策)にも関わっており、毎週各病棟から検出された菌の動向を集計し報告することで院内感染を抑え、よりよい医療の提供に貢献しています。


【生理検査】

生理検査とは、それぞれの装置を用いて患者さんの身体を直接調べる検査です。生体情報をもとに、病気の診断に役立てます。当院で行っている主な生理検査を下記に記します。

  心電図検査:心臓が出す微弱な電気信号を体表から記録し、不整脈や虚血などを調べます。
  運動負荷試験:狭心症がないかなどを調べます。
  呼吸機能検査:息を吸ったり吐いたりして、換気の状態などを調べます。
  神経・筋電図検査:神経障害などを調べます。
  脳波検査:頭皮上の微弱な信号を記録し、異常な刺激の有無などを調べます。
  血圧脈波検査:手足の血圧を同時に測定し、血管の硬さや血管のつまり具合を調べます。
  超音波検査:超音波を使って体内の臓器などを非侵襲的に画像化し、がんなどを発見したり、心臓の動きや血管の状態などをリアルタイムで観察することができます。

【眼科・耳鼻科の検査】

①眼科検査室の検査では、診察の前に検査を行っています。検査内容は、視力・眼圧・視野・眼球運動・術前の検査等です。当院の眼科は、白内障、緑内障、網膜剥離や、糖尿病網膜症など多くの患者様が紹介されてきます。常に迅速で正確な検査結果が出せるような姿勢を心がけています。
②耳鼻科の検査には、音の聞こえるレベルを調べる標準純音聴力検査、中耳炎(滲出性、真珠腫性、慢性など)の際に鼓膜の動きを調べるティンパノメトリー、めまいを調べる頭位変換眼振検査、カロリック検査や顔面神経麻痺を調べる耳小骨筋反射検査、電気味覚検査などがあります。