ME室|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

ME室

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  各部紹介  >  ME室

ME室

特色

1.ME室設置目的
院内において、医療機器にかかる選定・評価・保守管理・廃棄までの一貫した業務・管理を行う臨床工学技士を配置し、医療機器を整備することにより、医療機器の適正な使用を推進し、医療安全対策に貢献することを目的としています。
2.組織と構成人員
組織は医療技術部に属し、医療技術部長指示の下に業務を行っています。

【構成人員】:7名
【勤務配置部署】 :ME室(医療機器管理室)、人工透析室、放射線室(アンギオ室)

※ 臨床工学技士とは
厚生労働大臣の免許を受けて、「臨床工学技士」の名称を用いて医師の指示の下に維持管理装置の操作や医療機器の保守管理を行う事を業とし、一般にME(Medical Engineering)と呼ばれています。

業務内容

  1. 1.医療機器安全管理業務
    1. 1)医薬品医療機器総合機構より医療機器に関連する情報を収集
    2. 2)ME機器管理システムによる包括的な機器管理業務
    3. 3)医療機器に関する現場での教育指導、啓蒙
  2. 2.医療機器保守管理(メンテナンス)業務
      1)医療機器の中央管理システムを導入し、効率的にME機器を運用
  3. 3.臨床業務
    1. 1)血液浄化業務 {人工透析室}
      1. ①緊急透析や特殊治療業務に加え、透析機器の安全管理業務
    2. 2)心臓カテーテル業務 {放射線アンギオ室}
      1. ①心臓カテーテル診断・治療(CAG,PCIなど)の医療支援業務に従事
      2. ②循環器内科担当の下肢PTAの医療支援業務に従事
    3. 3)ペースメーカ関連業務  {外来、各病棟、放射線アンギオ室}
      1. ①ペースメーカ埋め込み・電池交換術に従事
      2. ②ペースメーカ外来で、動作チェック業務
    4. 4)呼吸器ケアラウンドへの参加 {各病棟}