地域医療連携室|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

地域医療連携室

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  各部紹介  >  地域医療連携室

地域医療連携室

特色

地域連携室 職員数は8名で内訳は室長(医師)1名、看護師2名、事務職員5名です。
地域医療連携室は患者さんと地域の医療機関をつなぐ窓口となっています。
『地域医療支援病院』である当院は、主に地域の医療機関からの患者さんのご紹介受付や救急依頼、検査(CT・MRI・RI等)の予約受付、当院通院中の患者さんで、病状の落ち着いている方への『かかりつけ医』探しのお手伝い等を行っています。

また、地域連携クリニカルパス(脳卒中・大腿骨頚部骨折・5大がん)やセカンドオピニオンの対応窓口業務、各医療機関や自治会等への勉強会の企画・開催など、病院と地域住民をつなぐ様々な業務・活動を行っています。

業務内容

連携01 連携02

・医療機関からの診察・検査(CT、MRI、RIなど)予約受付
・医療機関からの当日受診調整(小児科は小児科外来で対応)
・医療機関からの入院、転院調整(小児科は小児科外来で対応
 ※ 患者さんからの予約依頼は受け付けておりません
・ご紹介頂いた患者さんの返書管理(データ管理、返信)
・患者さんへかかりつけ医制度の説明、かかりつけ医のご紹介、相談
・セカンドオピニオン外来の受付対応業務
・登録医療機関への訪問、ご意見聴取
・登録医総会の開催(年1回)
・地域医療連携交流会の開催(年1回)
・地域医療支援病院運営委員会の開催
・勉強会の開催(大腿骨パス、5大がんパス、脳卒中パス 等)
・出前講座(お出かけユンタク会)の開催
・その他

医療機関からの各種検査予約・入院申し込みにつきましては、コチラのページをご覧ください。