地域医療連携室|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

地域医療連携室

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  各部紹介  >  地域医療連携室

地域医療連携室

医療機関さまからのご予約方法

※下記のボタンをクリックすると特定のページに移動します。

診察予約方法 セカンドオピニオン外来
小児科予約方法 放射線検査

 

特色

地域医療連携室は患者さんの為に地域の医療機関をつなぐ窓口となっています。
『地域医療支援病院』である当院は、主に地域の医療機関からの患者さんのご紹介受付や
救急依頼、当院通院中の患者さんで、病状の落ち着いている方への
『かかりつけ医』探しのお手伝い等を行っています。

また、地域連携クリニカルパス(脳卒中・大腿骨頚部骨折・5大がん)や
セカンドオピニオンの対応窓口業務、各医療機関や自治会等への勉強会の企画・開催など、
病院と地域住民をつなぐ様々な業務・活動を行っています。

 

業務内容

・診察予約受付  (病院間での予約)
・緊急当日受診調整(小児科は小児科外来で対応)
・入院、転院調整(小児科は小児科外来で対応
 ※ 患者さんからの予約依頼は受け付けておりません
・ご紹介頂いた患者さんの返書管理(データ管理、返信)
・患者さんへかかりつけ医制度の説明、かかりつけ医のご紹介、相談
・セカンドオピニオン外来の受付対応業務
・登録医療機関への訪問、ご意見聴取
・登録医総会の開催(年1回)
・地域医療連携交流会の開催(年1回)
・地域医療支援病院運営委員会の開催(年2回)
・勉強会の開催(大腿骨パス、5大がんパス、脳卒中パス 等)
・その他

 

地域医療支援病院

tiikiiryou-main.jpg

地域医療全体のレベルアップをすることに重点を置き、他の医療機関(かかりつけ医・かかりつけ歯科医)から紹介された患者さんに対する医療の提供、施設・設備の共同利用および医療従事者の研修など地域医療の充実と、他の医療機関との適切な役割分担と連携を図る病院です。
当院は地域の先生方と『顔の見える』関係を築くことを目標にしています。

 

地域医療連携室

予約申込書 紹介事前確認シート(大人用) 紹介事前確認シート(小児用)

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン

那覇市立病院においてのセカンドオピニオンとは、当院以外の医療機関に通院又は入院している患者さんが、当院の専門医師に対し自分の病状や診断・治療方針などについて相談し、今後どのようにしたら良いのかを、ご自身で決定するのに役立てていただくことを目的として意見や判断を求めることをいいます。
 従いまして、当院のセカンドオピニオンにおいては、検査や診療行為は一切行いません。
セカンドオピニオンが終わりますと、主治医にその内容を報告することになります。また、転院を目的としておりませんので主治医の元にお帰りいただくことになります。

セカンドオピニオンを受ける利点は
セカンドオピニオンを受けることにより、主治医の診断、治療内容及び方法などの妥当性が再確認され、納得して現在の治療などに取り組むことができるようになります。
また、主治医が示した治療法以外にも治療法の選択肢が増える可能性があります。 
セカンドオピニオン案内

セカンドオピニオンの対象者・対象疾患

セカンドオピニオンは、原則として患者さんが受けることになります。 しかし、患者さんが何らかの理由で受診できない場合やその同意があれば家族も受けることができます。ただし、この場合はセカンドオピニオン外来相談同意書が必要となります。
※家族とは、内縁の夫、妻など実質的に家族に類する者も含みます。

どのような病気がセカンドオピニオンの対象になりますか
 当院でセカンドオピニオンを行うことができる病気は、胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん、肺がんなどを中心としています。その他の疾患についても、順次拡大しています。

セカンドオピニオンの予約方法

 当院のセカンドオピニオン外来は、完全予約制です。費用は保険適用外となります。
診療行為(検査・治療等)は一切行いません。転院ではなく、あくまでも相談のみとなります。
予約方法は、かかりつけ医療機関からのお申し込みとなります。
 セカンドオピニオンの内容は、現在受診されている主治医に報告しますので、予めご了承ください。

■当院のセカンドオピニオン外来は、病院間にて事前調整が必要になります。






① セカンドオピニオン外来申込書(第1号様式) ※1
② 診療情報提供書
③ 必要書類(検査データ)
④ 紹介事前確認シート

※1 ご家族のみの受診の場合は、
セカンドオピニオン外来申込書(第1号様式)と併せて
セカンドオピニオン外来相談同意書(第2号様式)も必要です。

セカンドオピニオン外来申込書(第1号様式)
セカンドオピニオン外来相談同意書(第2号様式)









◆事前に必要書類(病理標本、画像CD、検査データ等)を
ご持参又は郵送頂く必要がありますのでご準備をお願いします。

 

* 日程調整に、7~10日程度お時間がかかります。

* 相談当日は、予約時間の10分前までに地域医療連携室へお越しください。

セカンドオピニオンアンケート結果

持参する書類(できるだけご相談日前に提出お願いします。)

1.セカンドオピニオン外来申込書(第1号様式)
2.診療情報提供書(主治医の紹介状)
3.検査資料(例)
 ○検査データ
 ○画像診断(CT、MRI、レントゲンなど)
 ○病理組織検査報告書
 ○血液検査
 ○心電図
4.セカンドオピニオン外来相談同意書(第2号様式)
 
※患者さん本人以外がセカンドオピニオン外来を受診する場合 に限る
5.続柄の確認できる書類(運転免許証、健康保険書など)
6.その他
セカンドオピニオン外来申込書(第1号様式)
セカンドオピニオン外来相談同意書(第2号様式)

その他留意事項

 ◆セカンドオピニオンを希望するときは、必ず主治医と事前にご相談して下さい。
 ◆セカンドオピニオンご相談当日は、予約10分前に地域医療連携室にお越し下さい。
 ◆セカンドオピニオン相談をお受けできない場合がありますので、窓口でご相談下さい。
 

セカンドオピニオン相談をお受けできない場合

 ◆予約がない場合
 ◆相談等内容が当院の専門でない場合
 ◆主治医の診療情報提供書、検査資料等を持参しない場合
 ◆医療費の内容、医療給付に関する場合
 ◆主治医に対する不満・不平等に関する場合
 ◆当院での治療及び転院等に関する場合
 ◆医療事故、訴訟準備、裁判係争に関する場合
 ◆その他院長がセカンドオピニオンとして相応しくないと判断した場合
 

お問い合わせ

 場 所 地域医療連携室(1階受付右隣り)
 受 付 平日(月から金) 午前9時~午後5時 (午前12時から午後1時は除く)
 電 話 098-884-5134(直通)
 FAX  098-886-5502

小児科受付方法

医療機関からの診察予約及び入院依頼につきましては、小児科に限り小児科外来にて対応しています。

予約申込書 紹介事前確認シート(小児用)

放射線検査

検査CT・MRI・RI等)の予約受付については、ダイレクト受付を放射線室にて行っております。
地域の医療機関の皆様と共同利用を推奨しています。お気軽にご利用ください。

予約申込書 紹介事前確認シート(大人用) 紹介事前確認シート(小児用)

MRI検査とは

MRIは、Magnetic Resonance Imaging(磁気共鳴イメージング)の略です。磁石を使って体内の断面像を描写し、検査をする方法です。検査装置は、検査台と磁石のトンネルからできています。
使用する磁気や電波は無害で痛みはありません。(X線の被爆もありません)

MRI検査時の注意事項

MRI検査は、強力な磁石を使って検査を行います。次のような方は、検査を受けられない場合があります。該当する方は、必ず主治医もしくはスタッフにお申し出ください。

  •  □心臓ペースメーカーが埋め込まれている方
  •  □チタン製ではない脳動脈クリップが入っている方
  •  □人工内耳をされている方
  •  □磁石で脱着する義歯(磁石部分が外せない場合)をされている方
  •  □金属が使用されている義眼をされている方
  •  □血管内にステント挿入して、8週間以内の方
  •  □古い人工心臓弁の手術を受けられた方(1970年以前)
  •  □目など、決定臓器に鉄片、弾丸などが入っている方、または疑わしい方
  •  □入墨のある方
  •  □妊娠3ヶ月以内(または妊娠が疑わしい方)
  •  □体内に素材がわからない金属が入っている方

    ※次のような方は検査部位(頭頚部・子宮・骨盤等)によって検査が受けられない場合があります。該当する方は主治医、もしくはスタッフにお申し出ください。

    •  □歯科矯正器具を装着されている方
    •  □避妊リングを装着されている方

MRI検査時の安全確認

検査時には、検査着に着替えて行います。検査を安全に行うため、下記のものは外してください。
・アイメイク(マスカラ・アイライン・アイシャドウなど)
 →化粧品に磁性体が含まれているため、検査画像に影響があります。また、目の粘膜を傷つける恐れがあります。
・コンタクトレンズ
 →特にカラーコンタクトレンズは、材質に金属が使用されているため

【次に挙げるものは、MRI室への持ち込みは厳禁です】
 ・金属のついた衣類(ブラジャー、ヒートテック素材など)
 ・携帯電話、時計、眼鏡
 ・ジュエリー(指輪、ネックレス、ピアスなど)、アクセサリー
 ・鍵類、筆記具
 ・財布(クレジットカード、定期券など)
 ・湿布、貼り薬(火傷する恐れがあります)
 ・義歯、補聴器、筆記具、装具、かつらなど
 ※金属性のものはすべて、外してください


MRI検査時の注意点

・検査時間は20分から60分程度かかります(検査内容により検査時間は変わります)
・検査中は体を動かさないでください
・検査時に工事現場のような大きな音がします(ヘッドホンを装着し、音を和らげます)
・検査中に異常を感じた場合、連絡ブザーを押してください

MRI検査料金

検査の内容や患者さんの自己負担割合によって、金額が異なります。目安としてご理解ください。

検査内容 患者さん請求額(3割負担) 患者さん請求額(1割負担)
MRI検査 7,800円程度 2,600円程度
造影MRI検査 10,500~14,100円程度 3,500~4,200円程度

 

食事・水分の制限、薬について
検査内容 食事 水分
MRI検査 制限なし 制限なし
※ただし、水のみ可能。お茶、コーヒー、牛乳など不可
主治医の指示通り、服用してください。貼り薬は、発熱する恐れがありますので、検査前にはがしてください。
(腹部)MRI検査 6時間前より絶食
造影MRI検査 6時間前より絶食

 

検査結果(依頼先 医療機関向け)

画像診断レポートを作成し、MR画像をフィルム、またはCDとしてお渡しいたします。

検査の予約(依頼先 医療機関向け) 地域との共同利用を推奨しています。お気軽にご連絡ください。

放射線室ダイレクト予約ダイヤル 098-917-5124 (FAX番号 098-917-5125)検査日時などの調整を行います。

MRI検査チェックリスト、問診票(依頼先 医療機関向け)