総合相談センター|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

総合相談センター

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  各部紹介  >  総合相談センター

総合相談センター

特色

総合相談センター 総合相談センターでは、患者さんやご家族の病気やけがに伴う様々な心配事や不安・悩み等について相談を受け、それらをできるだけ軽減し、安心して治療に専念できるように支援をしています。平成17年からは地域がん診療連携拠点病院として、がん相談支援センターの業務も行っています。また当院は、こども虐待対策拠点病院、高齢者虐待連携病院に指定されており、患者さんの権利を擁護し、生活全体を視野に入れた支援を関係機関と連携を取りながら行っています。職員体制は、社会福祉士:11人、事務職:1人です。病棟担当制をとり、緩和ケアチーム等の多職種によるチーム医療に参加しています。

業務内容

●医療福祉相談室:
 ① 療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
 ② 退院援助
 ③ 社会復帰援助
 ④ 受診・受療援助
 ⑤ 経済的問題の解決、調整援助
 ⑥ 地域活動

●がん相談支援センター:
 ① がんの病態、標準的治療法等がん診療及びがんの予防・早期発見等に関する一般的な情報の提供
 ② 診療機能、入院・外来の待ち時間及び医療従事者の専門とする分野・経歴など、地域の医療機関及び医療従事者に関する情報の収集、提供
 ③ セカンドオピニオンの提示が可能な医師の紹介
 ④ がん患者の療養上の相談
 ⑤ 地域の医療機関及び医療従事者等におけるがん医療の連携協力体制の事例に関する情報の収集、提供
 ⑥ アスベストによる肺がん及び中皮腫に関する医療相談
 ⑦ HTLV-1関連疾患であるATLに関する相談
 ⑧ その他相談支援に関すること(がん患者団体との連携・協力体制の構築、心の悩みや体験等を語り合うための場の設置)
 ⑨ がん患者の就労相談

●よくある相談内容と業務方法:

総合相談センター

医療福祉相談室での面接相談

カンファレンス

病棟での退院支援計画カンファレンス

勉強会

新規相談ケース申し送り・勉強会

退院前カンファレンス

関係機関との退院前カンファレンス

患者サロン

患者サロン(那覇がん患者ゆんたく会)

ボランティア活動

ボランティア活動(七夕・クリスマス コンサート)

●総合相談センターの歴史
当院の医療福祉相談は、医師・看護師・医事課職員等で対応していた時期が長く続いていました。その後、平成元年3月1日付けで、医事課に初めて医療ソーシャルワーカー(以下MSW)1人が配置されました。当時、公立一般病院に常勤MSWがいない中で、病院の機能として医療福祉相談業務を充実させることを表明したものとして画期的なことでした。以来、非常勤MSWの配置を増やし、常勤MSWは平成15年7月に1人、平成23年4月には2人採用し、少しずつ体制を整えてきました。平成20年5月には、医療福祉相談業務への理解に対して、日本医療社会事業協会から院長へ感謝状が贈られています。
組織としては、平成16年に診療支援部に移行し、平成17年には地域がん診療連携拠点病院の指定要件である、がん相談支援センターが設置されたことにより、総合相談センターとして一般的な医療福祉相談とがん相談に対応しています。
MSW増員の要因には、医療機関の機能分化が進み、介護支援専門員や地域の関係機関との連携が必要不可欠となり、入院早期から退院計画に沿った退院援助を行うことが重要になったこと。社会的入院を含め、病院職員が対処に困る問題等を持つ患者さんへの支援の必要性が認識されるようになったこと。さらに、医療保険料が払えない無保険者、ホームレス、若年未婚者の飛び込みお産、被虐待児やDV被害者等、世相を反映した様々な問題を抱える患者さんの受診も多く、病院は単に病気を治療するだけではなく、これらの患者さんへの対応を迫られている現実があること等が挙げられます。患者さんを生活者として捉え、早く家庭人・社会人として家庭復帰・社会復帰できるよう、患者さんの権利を擁護し、生活全体を視野に入れた支援が必要になっているといえます。
MSWは、社会福祉系大学の専門教育を修了した後、社会福祉士や精神保健福祉士等の国家資格を取得しています。当院の機能の変化により、MSWに求められる業務内容が変わることもあると思いますが、今後も医療チームの一員として、患者さんやご家族の多様化するニーズに応え、QOLの向上に努めていきたいと思います。

<がん関連リンク>
がん情報サービス
PDQ日本語版(がん情報サイト)
Minds医療情報サービス
Web版がんよろず相談Q&A
がん対策推進基本計画
ワムネット
がん診療ガイドライン
日本骨髄バンク
がんの子どもを守る会
がんに関するサポート・ご相談
日本対がん協会
健康食品の安全性・有効性情報

【がん患者さんの就労相談のご案内】

当院では、がんになっても安⼼して働けるように社会保険労務⼠による相談を始めました。仕事に関する様々な問題について、雇⽤問題や社会保険・年⾦の専⾨家に相談してみませんか。

相談料 無料・事前予約制

このような質問に社会保険労務⼠がお答えします
  • 治療中に仕事はしない方がいいのでしょうか?
  • 周りから退職をすすめられているのですが・・・
  • 今まで払ってきた年金はどうなりますか?
  • どのくらいの期間休職できますか?
  • 退職したら健康保険はどうなるのでしょうか?
  • 傷病手当金について教えてください。
  • 失業手当はもらえますか?

※就職先の紹介は出来かねます。ご了承ください。

《相談室の利用について》
相談日時毎月第3水曜日(月1回)午後1時~午後5時(事前予約制)
対 象 者がん患者ご本人とそのご家族
場   所那覇市立病院1階 がん相談支援センター

予約受付
098-884-5111【内線283】
(予約受付時間)月~金(祝日除く)午前9時~午後4時半