入退院支援センター|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

入退院支援センター

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  入退院支援センター

入退院支援センター

 予定入院となる患者さんが安心して入院生活を送れるように入院前から専任の看護師をはじめ、薬剤師・栄養士医療ソーシャルワーカーなどの多分野の専門職が関わり患者さんの状態を把握し、入院に関する不安軽減を目指します。
また、病棟看護師とも連携をとり患者さん一人ひとりにあった入院治療および看護が提供できるように支援します。
 退院後の生活や医療費に関する相談などにも対応しています。

 

業務内容

入院を予定している患者さんが入院生活や入院後にどのような治療過程を経るのかをイメージでき、
安心して入院医療を受けられるような、より優しく丁寧な医療を推進する観点から、外来において

①問診、基本情報の聴取
②入院中に行われる治療の説明
③入院生活に関するオリエンテーション
④持参薬の確認
⑤褥瘡・栄養スクリーニング
⑥入院費の説明
⑦退院困難要因患者さんの早期介入
  他職種連携を強化し、入院前から退院を見据えた介入の実施

 

・退院調整看護師は主に医療行為のある患者さんへの在宅支援/環境調整の実施
・転院する患者さんの施設との調整
  (人工呼吸器管理が必要な患者/継続して治療が必要な患者さんのケア調整)
・様々なカンファレンスへ参加し情報提供・共有
・退院前・退院後の自宅・施設訪問、後方連携強化として施設訪問
・病棟看護師の支援など

  MSWと連携をとりながらスムーズな退院調整を行っています

 

出前講座

那覇市立病院では、クリニックや施設、一般市民のみなさま向けに「出前講座」を行っています。
「出前講座」と言うと、講義や座学などのイメージがあるかと思いますが、形式にとらわれず、ご依頼の内容を対象者に合わせて、実際のケアを指導したり、施設利用者に合わせた、個別のケアの方法であったり、実践を兼ね合わせた、講座となります。

また、一般市民の皆様に対しても、ご依頼のトピックスを交えた内容で、医師・看護師のみならず、当院コメディカル等、多職種で対応させていただいています。
最も、多くのご依頼があるのは、褥瘡(創傷)ケアについてです。医療処置を抱えて、施設やご自宅へ退院された患者さまの退院後フォローとして、当院のスタッフ(認定看護師・専門看護師)が「出前講座」としてケアの確認やお困りの事の相談を承ります。
「こんな事もできるの?」 質問や相談は、悩まずに、まずはご連絡ください。お待ちしております。

 ※現在、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、開催中止となっております。
    開催につきましては、今後の状況を見ながら検討し、ご案内させていただく予定です。