病理診断科|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

病理診断科

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  診療科一覧  >  病理診断科

病理診断科

診療科の特徴

病理診断科とは、①細胞診断、②病理組織診断、③病理解剖診断を行う科です。

①細胞診断は、細胞検査技師がスクリーニング(ふるい分け)をし、病理医の主な業務は②病理組織診断と③病理解剖診断になります。

②病理組織診断は多数の診療科から依頼された検査及び手術検体について、癌の判定や、病気の原因、病気の種類などについて判断し診断する科です。なかでも重要なのは癌の判定で、たとえ内科医や外科医が診察して、「癌ではありません」といっても、病理医が顕微鏡で調べ、「癌があります」と診断すると、それが最終決定になります。このように、病理診断科は最後の審判を通告する科でもあります。

③病理解剖診断は病気で亡くなった患者さんを、ご遺族の承諾の下に解剖する仕事です。解剖後、顕微鏡で調べ、死因や治療効果などを明らかにします。それが医療の進歩につながっています。

スタッフ紹介

役 職
医師名
出身大学(卒業年)
研修期間
専門分野 専門資格
科部長
アラカキ キョウコ
新垣 京子

広島大学(昭和53年)

沖縄県立中部病院
琉球大学医学部病理学教室

病理全般

日本病理学会 病理専門医
日本臨床細胞学会 細胞診断専門医
死体解剖資格適格者

医師
キシャバ ユカ
喜舎場 由香

佐賀医科大学(平成11年)

県立中部病院

病理

病理専門医
細胞診専門医