放射線治療科|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

放射線治療科

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  診療科一覧  >  放射線治療科

放射線治療科

診療科の特徴

放射線治療とは、病気の部分(主にがん)およびその他の必要と思われる部分に放射線を照射して治療を行っていきます。"放射線"と聞くと怖いものを想像するかと思いますが、放射線治療は痛い治療でも熱い治療でもありません。また、副作用も放射線が照射された部分からしか生じないのが通常であり、その内容は患者さん毎に異なります。高精度放射線治療としては、前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)や早期癌あるいは転移性肺腫瘍に対する定位性放射線治療(いわゆるピンポイント照射)も行っています。放射線治療科では、通常の放射線治療の他に、メタストロン注(ストロンチウム-89)によるがん頭痛緩和の治療も行っています。
放射線治療について(放射線治療とは・適用・利点・流れなど)

対応疾患


疾患分類 具体的病名
乳癌 乳房温存術後、乳房全的術後など
前立腺癌 前立腺癌、前立腺癌術後など
血液疾患 悪性リンパ腫、骨髄腫など
緩和的治療 転移性骨腫瘍、転移性脳腫瘍など
その他 食道癌、肺癌、ケロイドなど

診療実績


 2011年実績
乳房温存術後 120件
転移性骨腫瘍 38件
前立腺癌 16件
悪性リンパ腫 13件
転移性脳腫瘍 13件
その他 68件

 

スタッフ紹介

役 職
医師名
出身大学(卒業年)
研修期間
専門分野 専門資格
科部長
アダチ ゲンキ
足立 源樹

琉球大学(平成9年)

放射線治療

日本放射線学会 放射線治療専門医
日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医

医師
シイナ ヒデキ
椎名 秀樹

放射線治療

日本放射線学会 放射線科治療専門医

後期研修医
トヨヒラ ダイスケ
豊平 大輔

琉球大学(平成27年)

琉球大学医学部附属病院