腎臓内科|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

腎臓内科

現在地: ホーム  >  診療科・各部紹介  >  診療科一覧  >  腎臓内科

腎臓内科

診療科の特徴

腎臓は生体内の恒常性を維持するための重要な臓器で、腎臓内科は「腎臓の病気」を中心に治療しています。腎臓の働きが障害されている腎臓病の診断・治療を行っています。急激に腎臓が悪くなる急性腎障害、何年にもわたる慢性腎臓病、腎代替療法が必要になる末期腎不全いわゆる血液透析など、腎臓病の原因、腎機能障害の程度、病期は多岐にわたり、各々に応じた診療を行っています。
腎臓病の原因に膠原病が基礎疾患のことがあり、膠原病類縁疾患も診療しています。近隣のクリニックとも十分な病診連携体制をとっており、腎臓病を患っている方の紹介を受け入れ、病状が安定し通院が可能となった場合には通院のしやすい近隣の腎臓内科クリニックへの紹介も行っています。

対応疾患

疾患分類
急性腎障害
慢性腎臓病
末期腎不全(血液透析)
膠原病類縁疾患

診療実績

 2015年実績
腎生検 35件(平成27年1~12月)
透析療法に関して(平成27年1~12月)
総血液浄化件数 9,313件(入院透析2,237件、外来透析7,076件)
外来維持透析患者数 50人前後
新規透析導入症例 23人/年
CHDF 10症例に対し81件
血漿交換療法 2症例に対し8件
エンドトキシン吸着療法 5症例に対し9件
白血球除去療法 9症例に対し58件

※24時間体制の救急室もあり、他院からの紹介症例が多く含まれています。

スタッフ紹介

役 職
医師名
出身大学(卒業年)
研修期間
専門分野 専門資格
科部長
ミヤラ タダシ
宮良 忠

自治医科大学(平成5年)

沖縄県立中部病院

腎臓内科
透析
リウマチ・膠原病

日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本透析医学会 透析専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会 指導医
日本リウマチ学会 会員
日本プライマリ・ケア学会 認定医
RyuMIC臨床研修指導医養成セミナー修了

科部長
イトカズ マサヨシ
糸数 昌悦

琉球大学(平成6年)

沖縄県立中部病院

腎臓内科

日本内科学会 認定内科医

医師
ウエハラ ケイタ
上原 圭太

琉球大学(平成18年)

聖マリアンナ医科大学
那覇市立病院(初期・後期研修)

腎臓内科